Semu Oops

カードとマイル、ときどき旅行

旅行

話題の泊まれる公園「inn the park」に泊まってみた

投稿日:2018年3月12日 更新日:

Pocket

ちまたで話題の泊まれる公園「inn the park」に泊まりにいきました。
想像以上によかったですよ!

■ 予約

師匠も走るほど忙しい年末にFacebookに流れる東洋経済の記事を目にしました。
トップに表示されたテントの写真に釘付けになります。

INN THE PARK 東洋経済 記事

暗闇に浮かぶぼんぼりのようなテント。泊まりたい!!
1,2月はお休みとのことで、3月の予約を取りました。
さっそくメールで予約の依頼をして、銀行に振り込みます。
(いまはサイトから予約&クレジット決済になっているみたいです)

■ 沼津へ

名古屋を出発して東名高速を走ること3時間。
途中由比漁港の桜えびを食べに行ったらお休みだったというアクシデントを乗り越え、富士で「さわやか」のハンバーグを食べつつ向かいます。
(ちなみにこれは失敗プラン。お昼は海鮮にしたほうがいいです。理由は後ほど)

さわやかのハンバーグ

愛鷹PAのETC出口からは愛鷹運動公園の看板どおりに向かって5分ほどで到着です。

■ チェックイン

愛鷹運動公園を回り込むように山の上の方に向かうと inn the park の駐車場が見えてきます。
駐車場の奥には真っ白な管理棟があります。リゾートっぽい!!

in the park 看板 in the park 管理棟

フロントでチェックインを済ますと、懐中電灯と鍵をもらいます。
テントですが、入り口は鍵付きなのでよっぽどのことがなければ大丈夫です。
心配な人は貴重品はフロントで預かってくれるとのこと。

in the park 鍵

さっそくフロントの人にテントに案内してもらいます。
途中の通路にはリニューアルする前の林間学校の面影を残すところも。

in the park 林間学校 in the park 宿泊棟 in the park BBQ場

管理棟からテントまでは少し高低差があるので、車に忘れ物をすると辛いです。
子どもたちが遊ぶ芝生広場を横目に見ながら歩くこと数分。
ついに見えてきました。

in the park 公園

どーん!結構な迫力です。

in the park 吊りテント

テントの入り方を教えてもらい、早速入室。
テントの中はシングルベットが2台、電気毛布が入っているので結構暖かいです。
さらに寒ければ毛布もあります。

in the park 吊りテント in the park 吊りテント

透明な窓もあるので室内は明るいです。
上向きにあるので窓に近づかない限り外から丸見えということはないでしょう。
開く窓もあるので、多少の温度調整は大丈夫です。
夏はどうなのかな??

in the park 吊りテント in the park 吊りテント

ちなみに、吊りテントはワイヤーで引っ張ってるだけなので多少揺れます。
歩くだけではなく、寝返りを打ってもゆれます。
怖くはないんですが、ダブルベットだと隣の人の動きで起きてしまうというような人は要注意です。

あと、地元の人も注目のようで、おばちゃんが中見せてと訪ねてきました。
それに対応する心の余裕も必要です。

■ 夕食

夕食は管理棟にあるサロンで。たまたま宿泊が私達だけだったので貸し切りです!

まずテーブルをみて気分が上がります!

in the park 夕食

ドリンクメニューもありますが、お水ははじめからおいてあって
そんなにグイグイ頼まされる感じではなくて好印象。まあ頼むんですが。

in the park 夕食

お野菜は沼津産。蒸したり焼いたりとシンプルな料理ですが、バーニャカウダソースや味噌ソースに合わせると絶品。

in the park 夕食 in the park 夕食

お肉も二種類出てボリュームある。スペアリブはキャンプっぽくていい感じ。
さらにパンがかなり大きいのできっとお腹いっぱいになります。

in the park 夕食 in the park 夕食

メニューは時期によって変わるそうですが、基本的に肉料理だそうです。
なぜなら、「きっと沼津で海鮮を食べてくるから」とのこと。
確かに!(我々はさわやかのハンバーグでしたが・・・

食べ終わると周りにはくつろぎの空間がいっぱい。

in the park サロン in the park サロン

お腹が落ち着くまでごろごろさせてもらいました。

■ お風呂&トイレ

お風呂は林間学校らしい広々とした湯船があります。
(貸し切りなんで写真取り放題

シャンプーは匂いでわかる。たっかいやつやん。
こういうちょっとしたところが大事ですよね。

in the park お風呂 in the park お風呂 in the park お風呂

あと、キャンプで問題なのがトイレですが、サニタリー棟というのがテントのすぐ横にあり、トイレと洗面台、シャワー室があります。
もうお家の中なので、トイレに虫がいるということもきっとないのではないかと。もちろんウォッシュレットです。
ただ、鍵がトイレと洗面台とシャワー室まとめてひとつなので、何組か泊まった場合はちょっと心配です。(渋滞できそう

in the park トイレ in the park 洗面台 in the park シャワー室

■ 夜景

このテント、やっぱりこれが見たいんですよ。
暗闇に浮かぶ球体。テントに入ったら見えないので、外からじっくり眺めます。

in the park 夜景 in the park 夜景 in the park 夜景

ちなみに泊まっていないテントも電気はつけてくれてあるので、毎日フル点灯で見えるようです。
寝るときは消せるので、暗くないと寝れないという人でも大丈夫ですよ。

■ 朝食

朝食はサロンで紙袋にセットした朝食をもらいます。
そのまま公園に出かけてもいいのですが、ねぼすけな我々はチェックアウト近くまでテントにこもっていたので、そのままサロンでいただきます。

in the park 朝食 in the park 公園

中身はパンと小分けされたおかず。どれもおいしかったのですが、特に気に入ったのはレンズ豆の洋風あんこ(ちょっと名前が違いますがそんな感じの説明でした。
さらにコーンスープはコーンをミキサーに掛けましたという濃厚感。朝から大満足です。

in the park 朝食 in the park 朝食

■ 近くの観光地

チェックアウトしてフロントのお兄さんに見送られ、また来ますと強い決意のもと旅立ちます。

三島スカイウォークまでは約20分。つり橋を渡るだけといえばそれまでなんですが、結構観光地です。

三島スカイウォーク

三島スカイウォークから約20分。沼津港に向かう途中にある柿田川公園(湧水群)です。
水が湧いて砂がゆらゆらしているところ見ているとかなり癒やされます。お豆腐アイスもおいしかったですよ。

でもやっぱり沼津と言ったら海鮮ですよね。
今回も魚河岸丸天で美味しくいただきました。

丸天丼

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Laluna Bar & Restaurant

ベトナム旅行記(6)五行山(マーブルマウンテン)観光とホイアンへの移動

ベトナム統一鉄道でダナンについた私たちはダナンでお昼と食べようと画策しますが、炎天下小一時間キャリングケースをゴロゴロ引きずりながらうろうろしてもお店にたどり着けません。そこで諦めて観光地五行山で観光 …

ミーソン遺跡ツアー

ベトナム旅行記(8)ハンバーグ師匠といっしょにミーソン遺跡

前の記事で書いたホイアンリバータウンホテルを出発して、この旅行三つ目の世界遺産ミーソン遺跡に向かいます。まずはツアーの予約の話から。 ミーソン遺跡はホイアンから約40kmほど離れているためツアーを利用 …

フーコック島への飛行

ベトナム旅行記2018(7)ハイフォンからフーコックへ

ベトジェットでホーチミンへ レベルホテルでのんびり朝食をとった後、タクシーでハイフォン空港へ。10:20発のベトジェトです。ホーチミンではベトナム航空乗り継ぎなので、きっとおくれたら航空券がパーになる …

杭州東駅

上海・杭州旅行記(3)新幹線で杭州へ

今日は杭州植物園に行くために杭州に向かいます。 杭州までは新幹線で約1時間・・・と思ってのんびりしていたらあっという間にお昼>< ホテルに中国版Uberである滴滴を呼んで、上海虹橋駅に向か …

上海マリオットシティーセンター朝食

上海・杭州旅行記(2)上海マリオットホテルシティーセンター(上海雅居楽万豪酒店)

今回の旅行では2泊とも上海マリオットホテルシティーセンターに泊まります。色々なホテルに泊まりたい気もしますが、やはり荷物を移動しなくてもいいというのは楽ですよね。 ■ 予約 SPGアメックスでSPGポ …

カテゴリー